オーディション合格でキッズモデルになろう|芸能界入りを目指す方法

記事一覧

見落としがちなポイント

女性

注意すべきこととは

セルフプロデュース力というのはタレントを目指す上では必須のスキルといえるかもしれません。自分のアピールポイントを知っているということは“タレントとしてどう活躍できるか”を説明できるとも言い換えられますから、効果的に自分を売り込めるともいえるでしょう。オーディションのときには、このように自分の良さを自分で売り込む必要があります。ただし注意しなければいけないのは、自分のキャラクター性を固定してしまったり、イメージを固めてしまうような言葉を使わないことです。タレントというのは様々な番組や場面で登場する存在ですから、キャラ立ちしていると良くも悪くも特徴が強すぎると感じられます。もちろんそのキャラクター、つまり性格が魅力的であればプラスに働きますが、そうでない場合、起用できる場面が限られてしまうため、活躍場面が狭まってしまう恐れもあるでしょう。ですから、オーディションでは自分の強みをアピールする一方で、自分の性格やキャラクターを固定しすぎないよう注意が必要です。色々なシチュエーションに対応できる、どのような場面でも自分が活躍できるという前提で自分を売り込むのがポイントとなります。タレントのオーディションでは容姿やこれまでの活躍歴などもチェックされるポイントではありますが、こうした本人の売り込み方も重要なポイントなのです。オーディションを受ける前には自分自身と向き合う時間をたっぷりとっておいたほうが良いかもしれませんね。