オーディション合格でキッズモデルになろう|芸能界入りを目指す方法

記事一覧

デビューを目指して

ガール

自分の良さを売り込む

やはりオーディションを受けるからには芸能界へのデビューを目標とするのは当然です。しかし一方で、タレントを募集している事務所も多く、どの事務所を受ければよいのだろうかと迷ってしまうこともあるでしょう。まず1つ言えることは、タレントを目指すならいくつかオーディションを受けてみて、第三者から自分がどのように見えているかを判断してみることです。オーディションの不合格が続けば、もう少し自分磨きが必要なのかもしれませんし、大きな規模の事務所ばかりを選んでいたのもしれないと気づくきっかけになるでしょう。逆に合格したのであれば自分の可能性を信じてもう少し大規模な事務所を受けるチャンスかもしれませんし、一方で早速タレントへの道を目指し始める時期かもしれないと判断できます。タレントというのはマルチな能力が求められる役割ですから、自分の何が武器になるかは分かりません。さらにいえば第三者から視て魅力的だと思える自分の良さに気づいていない可能性もあれば、逆に自分のマイナスポイントにも気づいていなこともあります。だからこそ最初はオーディションを受けながら周囲のタレント志望の仲間と話し合ったり切磋琢磨しながら自分を磨くことです。そうして、次第に自分の武器や直すべきポイントを見つけた上で、大きな事務所や活躍の場を目指すという方法もあります。自分で自分をプロデュースすること、これもまたタレントに必要な能力ですからしっかり育てていきましょう。